外見を変えたら婚活が楽しくなったアラサー娘

母の助言で外見にも気を遣い婚活パーティーに参加

怒りの真相を聞き出すと、パ−ティ−で出会った同じくらいの年齢の男性は、みんな若くて可愛らしい女子の方ばかりに目が行っていて、自分がちょっといいな、と思った男性に至っては、一遍通りの挨拶をしたのみで全然話が弾まなかったと言うのです。
曰く、「どうせみんな、外見がすべてなんだよ。
」とのたまわるので「いやあ、それはそうだろう。
その恰好で行くなんて、それはどちらかと言えば相手に対して失礼というもの」と、危うく言いそうになるのを必死でこらえ、「まあ、今回は初めてだからね。
次回は参加する前に教えて。
」と優しく言ってみました。
一度や二度の失敗にメゲないのが我が娘の良いところですが、婚活もそれに漏れず数週間後に再度パ−ティ−に参加することになった彼女は、約束通り参加する旨を素直に打ち明けてきました。
そこで、ここは女性の先輩としてアドバイスすることにしたのです。
人は第一印象、即ち外見であると。
もちろん、ルックス良ければ全て良しという訳ではないことは良くわかっています。
でも、第一印象ってかなり重要ですよね。
性格がいくら良くても、会ったその日に気立ての良さまでわかる訳がありません。
そこで、今回は前回の反省も含めて、なるべく女性らしさをアピ−ルするような服装をするように申しつけました。
申しつけたところで、そんな服は持っていないので買わされてしまったのは計算外でしたが、これだけで普段の娘とは別人とまでは行かなくとも、かなり改善出来たことは間違いありません。
次に髪型とメイクも指導も怠らずにレクチャ−しました。
すると、馬子にも衣装ではありませんが、成人式以来のお嬢さんといった感じの雰囲気が出るようになったのです。

外見に無頓着な娘に婚活を提案母の助言で外見にも気を遣い婚活パーティーに参加外見の大事さを痛感し身なりに気を遣うように